競合他社との差別化を図るために必要な三つのポイントは?

この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

広告力で差をつけたい!

SNSを活用すべし?

情報社会となった現代で、多くの人はSNSなどのインターネットから情報を得るようになっています。
そこで一つのアプローチとしてインターネット上からの集客のためにSNSを活用してみるのもよいでしょう。
これも競合他社との差別化として挙げられます。
インターネット特有である、不特定多数の目に触れるSNSだからこそのアピールが期待できますね。
例えばホームページよりもカジュアルで近寄りやすい雰囲気を作り出すことができます。
こうすることで、「よくわからない」税理士の存在を身近に感じてもらい、より多くの集客を期待することができるようになるはずです!

しかし税理士の広告活動についてはいくつかの規制がありますので、次の記事でご紹介します!

広告の注意事項!

実は税理士の広告内容には規制がかかっており、これは日本税理士会連合会で規定されています。
今回はその一部をご紹介します。
まずは広告内容として載せてはいけない禁止事項です。
事実に反しているものや、誤解を与えてしまう内容は広告の内容として記載することができません。
これはもちろん当たり前のことですね。
クライアントをだますような形となってしまいますので厳禁です!
他にも競合他社の名前、またはそれがわかるような表記を使い、他社と比較するようなことも禁止されています。
また、広告できないとされている内容としては、現時点で受けた依頼内容の詳細なども規制がかかっています。

このように税理士の広告活動には禁止事項も多くあるので、必ず確認しながら作成しましょう!