競合他社との差別化を図るために必要な三つのポイントは?

この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

グローバル化に対応できる人材がいい?

語学力を身に着ける!

これは商品力と似たような内容となりますが、持っているスキルを磨くことが大切です。
例えば例として挙げると、語学力があるかどうか、コミュニケーション力があるかどうか、などです。
まず前者の語学力ですが、海外進出を考えていなくても語学力は身に着けているべきものでしょう。
例えば英語力を身に着けていると、多くの利点があるのです。
現在グローバル化が進み、多くの企業が海外進出を考え始めています。
お客様である企業の取引先が英語を必要としている場合もあるのです。
また海外からの子会社として日本進出してきた企業に対しても英語力は必要と言えますね。
このように、英語一つをとっても取得するメリットは多く存在しているのです!

海外進出について

税理士の海外進出やグローバル化は現在注目されています。
その背景にはやはりグローバル化が大きくかかわっています。
実は今、海外から日本に来て新事業を立ち上げようとする方が増えているのです!
そうした外国人に対しての事業内容も今後増えていくのではないでしょうか?
国際的な事業内容に対応するためにも、税理士のグローバル化は必須と言えますね。

また、万が一海外進出を考えている税理士の方がいれば、ぜひともそれは一つの手段として考えるべきであるとアドバイスします。
語学力があるから競合他社と差別化が取れるのは大間違いです。
他言語ができるだけでは商品を売る際に決定打を与えることができません。
そこで次に、どのようにして自身の商品を売り出すかについてご説明いたします!