競合他社との差別化を図るために必要な三つのポイントは?

この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

税理士に必要な差別化とは?

商品力を身に着けるべし!

まず初めにご紹介していくのは、商品力についてです。
商品力はどの職種においても売り上げを伸ばすための必須項目と言えます。
もちろん税理士という仕事において必要とされているものの一つとして商品力が挙げられます。
これはほかの税理事務所と差別化をするうえで最も効果的といえるでしょう。
これは顧客がどのような商品を求めているのかを把握する必要があります。
打ち出している事業内容がその地域のニーズに合っていますか?
集客のためにはニーズと事業内容のギャップがあってはいけませんからね。
その商品力を身に着けるにはまずマーケットについて知ることが大前提となってきます。
競合他社は何を打ち出しているのか、逆に苦手としている事業内容はあるのかなど、多くのことについて発見があるはずです。
その一例を次にご紹介していきます。

商品開発で新規の仕事を得る!

では実際にどんな商品を開発していけばいいのでしょうか?
前述したように自身の市場状況を把握したのち、何が必要なのかや何が足りていないのかを知ることができます。
そうすると、新しく必要ではないかという事業内容が発見できるはずなのです!
一例をあげると、個人の飲食店に特化した事業を打ち出したりです。
飲食店を新しくオープンさせる際に経営者が頭を悩ませるのが経理関係の問題だといいますからね。
おそらく多くの経営者の方は自力で管理を試みようとしますが、実際問題として経理の仕事はとても大変です。
特に個人経営だとなおさらです。
そこで税理士側としては個人経営の頼もしいパートナーとしての商品を打ち出すことができるのです。
もちろんこの対象は飲食店だけに限りませんし、個人経営でなくてもいいのです。